• ホーム
  • マンション購入の年齢ってどれくらいが平均?

マンション購入の年齢ってどれくらいが平均?

マンション購入の年齢は平均40歳前後ですが、購入するのであれば出来るだけ年齢が若いうちに行うのがよいでしょう。
年齢の平均は40代ですが、理想をいうのであれば、家族設計がある程度出来ている結婚や出産のタイミングで購入された方がよいかもしれません。

30代から40代は老後の生活設計を考えることが出来る年齢になってきているため、老後はどの場所で生活をしたいのか、生活設計はどうするのかを考え、マンションの購入を考える人も増えてきています。
賃貸マンションで生活をしている場合、賃料の支払いや更新料などもかかりますので長期的な目で見ると、マンション購入の方が得になることもあるでしょう。
そのため年齢が若いうちに決断された方がよいといえるのです。

年齢が早いうちに購入した方がよいという理由は、ローンが長期化すると老後資金が不足してしまうという理由からです。
マンションのローンを支払い終えてから老後資金の貯蓄を始めると、老後資金も不足しますし、余剰資金がないため生活が苦しくなってしまうこともあるからです。

また40代で購入した場合、ローンを支払い中に定年退職してしまったら、定年退職後のローンが支払えなくなってしまう可能性もあります。
また年齢が高くなるとローンを組むのが難しくなるでしょう。
楽にローンを組めるのは、社会人となった20代のうちかもしれません。
若い時にローンを組めば毎月の返済額も少額で済みますし、早くローンを支払い終えることが出来るので、その後の老後資金の貯蓄も十分に行うことが可能です。

マンション購入時はローンを利用される方がほとんどですが、支払いが最後まで出来るかどうか審査がありますので、一般的なサラリーマンの場合であれば、ローンを組めるのは40歳前半ぐらいがタイムリミットとされている場合もあります。
頭金がある程度ある場合や、返済年数が少ないのであれば、多少年齢をオーバーしても審査が通りやすくなるでしょう。
ちなみに購入時の頭金は物件価格の2割準備しておくと不要に余分な金利を支払わなくて済みますので頭金ゼロよりも、ある程度頭金を用意した方が得だといわれています。

マンションの購入は月々の返済額が現在の賃料より安い物件を選んだ方が、余裕をもって返済を続けることが出来るでしょう。
無理して高い物件にしてしまうと生活に余裕がなくなってしまうため、長い間返済に苦しめられることにもなりかねません。
子供の教育費や老後の生活費用も足りるかどうかを考えて返済プランを考えた方がよいでしょう。

関連記事